居宅介護 居宅介護の悩みを解消! > スポンサー広告 > 裁判員制度 その1

居宅介護 居宅介護の悩みを解消! > ちょっと一息 勝手にコラム > 裁判員制度 その1

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一息 勝手にコラム

裁判員制度 その1

 こんにちは「居宅介護の悩みを解消する」のさくです。

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 平成21年5月から裁判員制度が開始され、来年度の

裁判員候補者に通知がされたようですね。

 そもそも裁判員制度の目的は「国民が刑事裁判に参加することに

より、裁判が身近で分りやすいものとなり、司法に対する国民の

信頼性を向上させること」とされています。

 そして、裁判員制度の対象事件は地方裁判所で行われる

刑事裁判のうち傷害致死や殺人事件などいわゆる重大事件と

呼ばれるものです。

 そうすると争う刑罰は、無期懲役であったり、死刑であったり

することもあるわけです。

 ということは被告のこれ以後の決めたり、ともすると命さえも

左右することもありうるということです。

 もし自分が裁判員に任じられた場合、そのようなことを果たして

決められるかはなはだ疑問です。

 仮に死刑の判決に関わったとしたらその判決をくだした

自分達の意見は本当に正しかったのか、以後ずっと悩み続けなければ

ならなくなってしまいはしないか不安です。

 ちなみに介護は裁判員辞退の理由として認められるのでしょうか?


応援お願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

<<裁判員制度 その2居宅介護 居宅介護の悩みを解消!ホンダのF1撤退>>

<<裁判員制度 その2居宅介護 居宅介護の悩みを解消!ホンダのF1撤退>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索など

カスタム検索

FC2ブックマーク

最新記事

カテゴリ

相互リンク

相互リンクはこちら 相互リンク

RSSリンクの表示

ご案内

●運営ポリシー● 介護に疲れ悩む方へのオアシスのブログを目指します。 皆さん応援をよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。