スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居宅介護 介護のノウハウ

居宅介護 ボタンなどの工夫

 居宅介護で、指先が不自由な方はボタンのかけはずしが、

難しく、どうしても人の手を借りざるを得ない方もいらっしゃると

思います。

 そんな時は、大き目のボタンに付け替えます。

その際気をつけるのは糸足を長めにしておくことです。

そしてボタンホールはボタンに合わせて広げておきます。

 こうしておくことによってボタンのかけはずしが楽になります。

 それも困難な方は、ボタンをはずしてマジックテープをつけます。

はずしたボタンはマジックテープ仕様となっていることが

分らないように表地のほうに縫い付けます。

 工夫することにより自分でできることを増やしてあげ、可能な

限り自分でやってもらうことにより、介護の負担を減らす。

まさに一石二鳥ですね。

 介護の食事の悩みを解決できます。

笑顔の家族介護ネットワーク


  参考文献:山崎えり子著 「頑張らなくてもできる介護」
       家の光協会刊
スポンサーサイト

検索など

カスタム検索

FC2ブックマーク

最新記事

カテゴリ

相互リンク

相互リンクはこちら 相互リンク

RSSリンクの表示

ご案内

●運営ポリシー● 介護に疲れ悩む方へのオアシスのブログを目指します。 皆さん応援をよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。