スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと一息 勝手にコラム

定額給付金

 こんにちは「居宅介護の悩みを解消する」のさくです。

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 今日は定額給付金について考えていきたいと思います。

 定額給付金とは、言わずと知れた麻生内閣のバラマキ給付金

ですよね。しかし給付金に喜んでばかりはいられません。

数年後には消費税の増税なんて厳しいですよね。

 だから考え方に抵抗して定額給付金を受け取らないのかって?

いやいや、いただけるものはありがたくいただきますよっ!(笑)

 でも、同じお金を使うのならば、もっと生活に困っている人達に

対して優先的に行き渡るような方法はないものでしょうか。


応援お願いします。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ちょっと一息 勝手にコラム

不況の中での派遣切り

 こんにちは、「居宅介護の悩みを解消する」のさくです。

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 2008年の年末は不況の嵐が吹き荒れていますね。

 いつの時代も同じですが、不況は弱者のほうから重大な影響を

受けてしまいますよね。

 倒産、破産は中小の会社から、大企業も生き残りに必死で

売上高が落ち、人手が余れば派遣社員から切り捨てていきます。

 自動車工場で派遣社員が大量にリストラされたとのニュースを

見ました。彼らは会社が用意した寮で生活しているため、職と

同時に住むところも失ってしまうことになるそうです。

 仕事もなく住むところもなくなり、年の瀬にかけて大変厳しい

現実です。なんとも気の毒で仕方がありません。

 この国はいったいどうなっていくのでしょうか。

 自分達の生活もこれからどうなっていくのか非常に不安に

なってきました。


毎日の介護にお困りでしたら、一人で悩まないでぜひこの音声を
活用してください。
笑顔の家族介護ネットワーク

ちょっと一息 勝手にコラム

裁判員制度 その2

 こんにちは「居宅介護の悩みを解消する」のさくです。

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 先日NHKテレビで裁判員制度の下の模擬裁判の実験を

していました。

 番組の中で裁判員に選ばれた方々は真剣に事件や被告と向き合い、

懸命に考えていたのが印象的でした。

 しかし、実際に裁判員に任命された方はこんなに真剣に向き合う

方ばかりだろうかとも感じました。

 いろんな人がいる中で、裁判員の選び方が無作為抽出、くじ引き

のみであるとすると、同じ判断材料があったとしても選ばれた

裁判員により判決が異なってしまうということが起こってしまう

のではないかと感じました。

 たまたま選ばれた裁判員の資質によって判決にブレが出てしまう

可能性が高いのではないかと感じました。

 この状況で裁判員制度の目的である「司法に対する国民の

信頼性の向上」は達成できるのか疑問に感じてしまいました。


応援お願いします。
人気ブログランキングへ

ちょっと一息 勝手にコラム

裁判員制度 その1

 こんにちは「居宅介護の悩みを解消する」のさくです。

 いつもご覧いただきありがとうございます。

 平成21年5月から裁判員制度が開始され、来年度の

裁判員候補者に通知がされたようですね。

 そもそも裁判員制度の目的は「国民が刑事裁判に参加することに

より、裁判が身近で分りやすいものとなり、司法に対する国民の

信頼性を向上させること」とされています。

 そして、裁判員制度の対象事件は地方裁判所で行われる

刑事裁判のうち傷害致死や殺人事件などいわゆる重大事件と

呼ばれるものです。

 そうすると争う刑罰は、無期懲役であったり、死刑であったり

することもあるわけです。

 ということは被告のこれ以後の決めたり、ともすると命さえも

左右することもありうるということです。

 もし自分が裁判員に任じられた場合、そのようなことを果たして

決められるかはなはだ疑問です。

 仮に死刑の判決に関わったとしたらその判決をくだした

自分達の意見は本当に正しかったのか、以後ずっと悩み続けなければ

ならなくなってしまいはしないか不安です。

 ちなみに介護は裁判員辞退の理由として認められるのでしょうか?


応援お願いします。
人気ブログランキングへ

ちょっと一息 勝手にコラム

ホンダのF1撤退

 こんにちは「居宅介護の悩みを解消する」のさくです。

 ホンダがF1撤退を表明しました。「11月に入ってから

事業環境が加速度的に悪化した。9月までの状況状況なら撤退の

決断はなかった。」との福井社長の言葉から、撤退の判断をこの

1ヶ月足らずの間に下したことになる。ホンダの栃木県の研究所で

F1に携わってきた350~400人の技術者の仕事の内容がガラリと

変わってしまうことになるそうです。

 ホンダがF1にかけている運営費は数百億円と言われていますが、

 わずか1ヶ月足らずの間に、これだけの決断をしなくては

いけないとは、大企業のトップはさすがに大変だなと考え

させられました。

 さらに派遣社員の大量解雇など、今回の不況は本当にねが深いと

感じさせられます。


応援お願いします。
人気ブログランキングへ

居宅介護 介護する人の気の持ち方

居宅介護 介護を受ける人も関係者

 居宅介護をしていて、気をつけなければいけないのが、介護を

受ける側の勘違いです。

 介護を受ける側の人は時として「自分は病人なんだから何でも

してもらって当たり前」などと思いこんでしまい、過剰な介護を

期待してしまいがちであるということです。

 介護は「一部機能に支障がある人に自立した生活を送ってもらう

ために支障がある機能を補うこと」であると思います。

 このことを介護を受ける側の人にもきちんと理解してもらう

ことが必要です。

その上でできることと、できないことを自覚してもらい、

できることは自分でするということを実践してもらうことが

重要です。

 こうすることにより、ひとつひとつの行動に多少時間がかかって

しまうこともあるかもしれませんが、長い目で見ると介護する側の

負担が小さくなります。何より、できることをしないでいると、

それまでできていたこともできなくなってしまう可能性があります。

 いつも一緒にいない人が、たまたま見ていて、

「手を貸してあげればいいのに」とか言うかもしれませんが、

体裁や見栄えの問題ではなく、どちらが本人のためかを考えれば

おのずと答えが見えるはずです。

応援お願いします。
人気ブログランキングへ

 参考文献:羽成幸子著 「介護の達人」 文藝春秋刊

相互リンク

相互リンク

検索エンジンへの登録は
検索エンジン登録 無料

これも
検索エンジン登録 無料
検索エンジンに登録!
検索エンジン一括登録<無料>

検索など

カスタム検索

FC2ブックマーク

最新記事

カテゴリ

相互リンク

相互リンクはこちら 相互リンク

RSSリンクの表示

ご案内

●運営ポリシー● 介護に疲れ悩む方へのオアシスのブログを目指します。 皆さん応援をよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。